TOPへ戻る

2015年06月23日

これはすごいっ!! 子ども向け【発達障害】ツール 

こんばんは!!

アストレ訪問看護ステーション岡崎です。

 

訪問看護としては、初めてのブログ更新になりますかね(笑)ずーとサボってました(T_T)

 

さて、高次脳障害や発達障害について調べていたら、大人でも使える、発達障害のツールが掲載してあるニュース記事を見つけました!!

これは、発達障害の子どもに向けたサイトですが、子供全般又は、大人でも活用できるコミュニケーション(声掛け)の仕方が記載してあります。

また、FacebookやTwitterなどで急速にシェアされているサイトです。

 

【発達障害 アイデア支援ツール楽々工夫log】

http://www.rakurakumom.com/

発達障害 ツール

発達障害の方は、言葉の理解や相手の気持ちに気づくことが苦手な方が多い為、はっきりと分かり易く伝えることが必要になってきます。

その方法が、発達障害の子ども達だけでなく、コミュニケーションにおいて大切なことではないかと気づかされるとあって多くの人々の共感を呼んでいます。

私も共感しました。

 

◆発達障害と高次脳障害について

 

・発達障害は、生まれつき又は、成長段階で脳が損傷を受け、認知機能の発達に偏りが起きてしまうもの。発達障害に対してのリハビリは、成長過程のどの時期に脳の損傷を受けたかを考慮し、プログラムを組んでいきます。

 

・高次脳障害は、正常な認知機能を持った脳が途中で損傷を受け、認知機能が低下してしまうもの。高次脳障害に対してのリハビリは、損傷部位、症状によりプログラムを組んでいきます。

 

 

以下の記事は、埼玉県で発達障がい児に対する個別ケアを開始したという記事です。

作業療法士、理学療法士、臨床心理士等がチームを組んで支援を行っています。

当事業所でも、こういった取り組みや支援を行いたい!!

そんな思いで、これからも地域の皆様のお力になっていきたいと思っています。

 

【埼玉新聞 2015年6月22日 発達障がい児に個別ケア…】

発達障害児 個別ケア

 

 

地域貢献したい、地元を盛り上げたい、新しいことにチャレンジしたい仲間を随時募集中!!

 http://niceman-care.com/houkan-staff#3