TOPへ戻る

2015年08月28日

日本臨床医療福祉学会

こんばんは!

訪問看護(リハビリ)ステーション、デイサービスを運営するナイスマンです。

 

8月28日に第13回臨床医療福祉学会に行ってきました!

日本臨床医療福祉学会

藤田保健衛生大学の学部長、金田先生の「医療系大学における地域包括ケアの先進的な取り組み」

について聴きに行ってきました。

 

参加証

 

地域包括システムにおいては、地域の方とどのように交流をもつか、どのように連携をとるか、

次世代の担い手をどのように育成するかがポイントとなります。

 

金田先生は、地元の団地に地域の方が立ち寄れる医療職種が常駐する相談所を設け、

さらに、大学病院の職員がその団地に住むという体制を実現しました。

 

地域の方たちにとっては、とても力強いと思います。

 

しかも、医療系大学として取り組むということは、とても革新的だと思います。

 

また、在宅における知識や考え方について、学生のうちから学んでもらい、

在宅で活躍する医療職種を増やすことにも取り組んでいます。

 

私たちアストレは、まだまだ小さい事業所ですが、自分たちに出来る地域での取り組みを行い、

少しでも住みやすい、暖かい街づくりを目指して社会に貢献したいと思います。

 

 

過去記事

中日新聞

平成26年5月29日 中日新聞夕刊

 

 

2015年08月21日

第89回経営戦略セミナー IN 東京

こんばんは!

訪問看護(リハビリ)、デイサービスを運営する会社のナイスマンです。

 

8月20日、21日と2日間の日程で東京で行われたセミナーに行ってまいりました。

 

20日は、亀田総合病院の院長「亀田信介」先生の講演とLINE株式会社(旧 NHN Japan)の元代表取締役で

現在は、C Channel株式会社の代表取締役の森川亮さんの講演でした。

経営セミナー

21日は、弊社がお世話になっている研究会の定期の交流会を行ってきました。

 

亀田先生の講演は、日本の人口減少について「日本版CCRC」モデルのお話でしたが、

日本の現状や今後の取り組みについて非常に分かり易い内容でした。

とても勉強になりました。

 

森川さんの講演は、シンプルに考えることについて、ベンチャーの精神というか

とても原点に近いお話でした。

 

21日の交流会は、「人財」の「大切」さについて、改めて感じる交流会でした。

 

この2日間、勉強になることだらけでした。

 

2015年08月15日

カジノ型デイサービス規制へ。

こんばんは!

機能訓練型デイサービス アストレ太平町です。

 

さて、今回は通所介護に関するニュースを取り上げたいと思います。

私たち、デイサービスで働いている職員は利用者さんが在宅生活において自律して過ごせるように、日々さまざまな事に取り組んでいます。

その中に擬似通貨をデイサービス内で使用し、脳への刺激や目に見える目標(通貨)を作ることにとって、行動への活力に繋げる取り組みがあります。

 

その取り組みを活かした一つに「カジノ」風の演出による疑似通貨の使用があります。これは、「カジノ」にのみ疑似通貨を使用するわけではなく、リハビリや何かしらのアクションを起こした際に使用されます。こういった取り組みのお陰で、利用者さんの行動するキッカケ作りになり、一定のリハビリ効果がでてきているのです。

また、男性は、デイサービスに出かけるのを嫌がる方が多い中、このような楽しみがあると出かけるキッカケとなり、それが、機能回復を促すという役割にも担っています。その為、全国的に広がりつつある取り組みの一つなのです。

 

そんな中、全国で初めて神戸市が「カジノ」風デイサービスを規制すると公表しました。

記事

 

どこまでの規制なのか、地域包括ケアを推進していく中で、どのように地域で話し合われたかは分かりませんが、改めて、様々な考え方があることが分かったニュースでした。

 

 

同日にあった他の介護ニュース

創業者が茶話本舗の立て直しを図る。

藤田 茶話本舗

 

 

1 / 212